沿革 : 日鉄ドラム

トップページ > 会社案内 > 沿革

沿革


  当社は、1934年10月 (株)日本ドラム罐製作所として設立され、1974年10月 製鐵ドラム(株)との合併及び日鐵ドラム(株)への商号変更、2012年10月 新日本製鐵(株)の住友金属工業(株)との経営統合に伴い、日鉄住金ドラム(株)へ商号変更、2019年4月親会社である新日鐵住金(株)の日本製鉄(株)への商号変更に伴い、日鉄ドラム(株)となり、現在に至っております。
1934年 10月 鋼製ドラム缶の製造、販売を目的として、東京市城東区亀戸一丁目101番地(現、当社本社所在地)に(株)日本ドラム罐製作所を設立し、同所東京工場で生産開始
1951年 8月 東京工場が、日本で最初に鋼製ドラム缶の日本工業規格表示許可(JIS「鋼製ドラム液体用」)を取得
1959年 4月 神奈川県相模原市に相模原工場を新設、日本で最初のオートメーション鋼製ドラム缶工場として操業を開始
1963年 7月 相模原工場がJIS「鋼製ドラム液体用」を取得
1964年 4月 愛知県東海市に東海ドラム(株)設立(現、名古屋工場)
1968年 4月 大阪府泉大津市に関西ドラム(株)設立(現、大阪工場)
1968年 10月 千葉県市原市に千葉工場を新設
1973年 4月 東海ドラム(株)が関西ドラム(株)を吸収合併し、製鐵ドラム(株)に商号変更
1973年 7月 東京工場を閉鎖(現、本社所在地)
1974年 9月 東京工場跡地の有効利用を目的として、100%子会社のエヌデー企業(株)を設立
1974年 10月 (株)日本ドラム罐製作所が製鐵ドラム(株)を吸収合併し、日鐵ドラム(株)に商号変更、本社・大阪営業所及び千葉・相模原・名古屋・大阪の4工場体制による全国展開を開始
1977年 4月 大阪工場がJIS「鋼製ドラム液体用」を取得
1978年 3月 千葉工場がJIS「鋼製ドラム液体用」を取得
1978年 3月 名古屋工場がJIS「鋼製ドラム液体用」を取得
1980年 3月 山陽ドラム缶工業(株)の株式13.3%を取得し、同社への資本参加を開始(1986年12月40%、1993年3月70%子会社化、1993年4月100%完全子会社化)
1988年12月 相模原工場内に技術センターを設置
1994年 9月 子会社、エヌデー企業(株)の賃貸オフィスビル完成(東京工場跡地、日鐵NDタワー)、本社を同ビルに移転
1995年 3月 大阪工場が品質保証に関する国際標準規格「ISO9002」の認証を取得
1995年 9月 東京証券取引所市場第二部へ株式上場
1996年 3月 千葉工場 ISO9002の認証を取得
1997年 4月 相模原工場 ISO9002の認証を取得
1998年 1月 名古屋工場 ISO9002の認証を取得
1998年 11月 エンジニアリング事業の強化のため、鋼製ドラム缶と関連の深い、容器への充填装置の設計、製造及び販売を行う100%子会社、日鉄ドラムテクノ(株)を設立
2000年 3月 総合容器事業の一層の業容拡大を図るため、各種コンテナーや物流機器・システムの販売を行っている日本コンテック(株)の株式を取得し関連会社化
2001年 4月 日本コンテック(株)を追加取得し連結子会社化
2002年 4月 品質マネジメントシステム(ISO9001)について全社統一で2000年版への移行を完了
2002年 8月 環境マネジメントシステム国際規格(ISO14001)の認証を全社・全部門で取得(認証登録範囲は、全部門統一内容で、鋼製ドラムの設計・開発・製造及び販売に係わる事業活動全般にわたる範囲)
2004年 12月 日本コンテック(株)の株式の大半を売却し連結及び持分法の適用範囲から除外(その後、2008年1月に残りの全株式を売却)
2007年 7月 親会社である新日本製鐵(株)と、7月31日を効力発生日とする株式交換を行い、当社は同社の完全子会社化(7月25日上場廃止)
2012年 10月 親会社である新日本製鐵(株)の住友金属工業(株)との経営統合による新日鐵住金(株)発足に伴い、新社名 日鉄住金ドラム株式会社へ、100%完全子会社 日鉄ドラムテクノ(株)も同様に日鉄住金ドラムテクノ(株)へ
2014年 8月 子会社、エヌデー企業(株)の賃貸オフィスビル(日鐵NDタワー)売却
2015年 4月 当社を吸収合併存続会社とし、完全子会社 エヌデー企業(株)を吸収合併消滅企業として合併
2019年 4月 親会社である新日鐵住金(株)が日本製鉄(株)へ商号変更したことに伴い、新社名 日鉄ドラム(株)へ変更、完全子会社 日鉄住金ドラムテクノ(株)も同様に日鉄ドラムテクノ(株)へ変更